ゆっくりあそ部

アクセスカウンタ

zoom RSS とびしま海道 第2部 の巻き

<<   作成日時 : 2012/04/18 20:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

とびしま海道 第1部 の巻き” の続きです!


なごみ亭であなご飯を美味しくいただいた後、
御手洗地区を散策いたします。


この辺は昔の風情が残っている建物が多く保存されています。
ここは、醤油屋さんです。
画像





昔はとても賑やかな町だったのでしょうね。
勿論、同時に大変な時代でもあったのでしょう。 遊郭跡です。
画像





遊郭の一室からみた庭の様子です。
この様に保存してあるから少しでも感じ、知ることの出来るのです、ありがとうございます。
画像



画像




観光客もバスが到着したのでしょう、団体で町巡りが始まりました。



風情のある通りが、静かに迎えてくれました。
画像




御手洗散策を楽しんだ後は、岡村島へと向かいます。

岡村島が橋続きで行ける最後の島です。



二つの小さな島と橋を渡って、岡村橋を渡ると岡村島です。
画像





岡村橋のちょうど真ん中まで来ますと、この様な表示がされてまして、
ここが広島県と愛媛県の界になるのですね。



ここから先(右側)は愛媛県になります。
画像




ここで、私の前輪にパンク魔王降臨いたしまして、皆さんに助けて頂きました。
それも2度も、皆さんどうもお世話になりました。




画像





天候は、よくなる一方でして、嬉しい限りです!
画像





岡村島の先端まで来ますと、しまなみ海道がみえるはずなのですが、

遠くにぼんやりと見えるのが、しまなみ海道の大島と思います。



そうすると、写真ではよくわかりませんが、ぼんやりと橋は来島海峡大橋になります。
画像





面白い岩がありました。

一つは、カッパ岩で、もう一つはウサギ岩です。 分かります・・・か?
画像





この時間になるととても雲が晴れてきてとても良い天気となりました青い空白い雲青い海緑の島々が鮮やかです。
画像




鯉のぼりも、とても気持ちよく泳いでます。 う〜ん、最高!
画像






見てくださいこの青い空と白い雲青い海とても最高の天気となりました。
画像






青い海に小さな船が白い線を描いていきます、きれいですね。
画像





またまた山岳コースに入りました多分今回のツアーで一番高いところになると思います最高の天気の最高の景色を楽しんでいます
画像





雲が晴れて、とても良い天気となりました。 青い空白い雲青い海緑の島々が鮮やかです。
画像





海の水の色も透明度があってとても美しいです。  
 
      波打ち際まで行ってみます、

          小さな波が優しく近寄ってきます。
画像





予定コースも、だんだん終わりに近づいてきましたが、

素晴らしく晴れ上がった空を入れて、写真をたくさん撮りたいという気持ちに益々なってきます。
画像






記念写真をそれぞれが思い思いに撮りたくなるのです。
画像






最初の橋、そして最後の橋になる、安芸灘大橋が見えてきました。
画像






画像


信号は蒲刈下島の一カ所だけでした。


今回のツアーで全島周回することができそうです、もう残りわずとなりました。
ここは車の通りも少なく、風は優しく、とてもサイクリングにふさわしい一日でした。
ももへの手紙 の舞台となった場所、とびしま海道
画像





最後の記念写真は、安芸灘大橋を渡る前で頂きます。



ももちゃんポーズです!   近くにいた、サイクリング中のお父さんとお譲ちゃんが、どう思ったかは、知ることはなく、橋を渡ってデポ地へ戻りました。
画像




いやー、いいサイクリングでした。 とっても最高な一日で、幸せを感じました。


hideさん、車を準備してくれて、運転までしていただき感謝!

ひみよしさん、車運転ご苦労様でした! 

kumaさん、一睡もしないで、起きていてくれてありがとう!

みなさん、感謝、感謝のとびしま海道でした!


この後は、讃岐うどんツアーへと続くのでした。 いそいそ、お風呂に入って、高松のたーちゃんまで・・・れっつあごう!


讃岐うどんツアーへと続きます!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
細部まで きめ細かい描写!
恐れ入ります!
楽しかった思い出が 目の前に思い出されて
2度楽しめた気分です!

つづき 楽しみにしています

僕のブロブに リンク張っても良いですか? (
kuma
2012/04/18 23:05
ももへの手紙のことをまったく知らなかったのに、走り始める前から、ももちゃんでしたね^^
最後の記念写真は、kumoさんのポーズが、一番キマッています!
次回は、kumaさんにポーズを指導してあげてくださいw
tsukasanohide
2012/04/19 10:39
kumaさんへ
お褒め頂き恐縮です。
あの素晴らしい一日は忘れないです。
写真も撮りまくってしまうくらいどこを見ても美しかったのです。
ブログのリンクの件、光栄です、ありがとうございます!
kumo
2012/04/19 21:30
tsukasanohideさんへ
ももさんで、始まりももちゃんで締めくくるとは、誰も予想しなかったことです。
え〜っ、そうですか?そんなにうまいですか! そんじゃぁ、上映期間中は、これで行こうかなぁ。 
kumo
2012/04/19 21:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
とびしま海道 第2部 の巻き ゆっくりあそ部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる