ゆっくりあそ部

アクセスカウンタ

zoom RSS 淡路島一周 の巻き

<<   作成日時 : 2012/09/25 22:03   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012年9月22日(土)

自転車に乗ってから、いろんなところを走ってどれも印象深い思い出が沢山できました。


琵琶湖の夕日は美しかった、感動した!
しまなみ海道は、旅心を楽しませ癒しもしてくれた。
とびしま海道は、昭和の雰囲気と穏やかな海を満喫でした。

そして、今回は淡路島へ行ってきます。
今回ご一緒していただけるのは、kaseyさん、陽さん、Benkeiさんとフー助さんです。
kumoさんの車とフー助さんの車2台で移動します。

なんせ遠いのですから、先ずは現地集合をお約束しまして、淡路島のハイウエイオアシスへ向かいます。
6:40 オアシスに到着。

事前にBenkeiさんが“松帆の湯“の駐車場がいいよ!、自転車歓迎らしいから、と連絡をもらってましたので、オアシスでMr.ドーナッツを買ってから、松帆の湯まで移動します。

すぐ近くでしたが、激坂の上にあるのです、それだけ景色がいいのですが、今日の夕方はくたびれた自転車で上るには厳しそうです。

全員揃ったところで、簡単な自己紹介とコース確認といっても、“左手に海を見ながら行けば大丈夫です“ という具合です。島ですから、一周してくればここに戻りますからね。

明石海峡の橋の下にあります、あわじ道の駅に立ち寄ります。もちろん記念の写真を頂きます。
画像





他にも淡路島を楽しもうとする人達が自転車降ろしてますね。
でもここ、あわじ道の駅はサイクリング目的の方の駐車は、お断りなんですよ、駐車場が限られてますからね。
画像



7:45 いよいよコースinです。

画像


岩屋の港沿いを走ります。
この道はというか、淡路島はkaseyさんが詳しいのです。以前車でよく走った経験者なのですね。



今日の天気は、晴れ+曇で気温も暑くない、湿気はない、気持ちいい!最高の日和です。
画像




少し行くと小さな島がありまして、鳥居が祭ってありました。

江島って、書いてありました。少し調べてみました。
画像



『古事記』では、イザナギ・イザナミの二神が海原を天の沼矛(ぬぼこ)でかき回して造った最初の島『おのころ島』に降り立ち、国生みを始めたらしいです、その最初の島の『おのころ島』が、淡路島とも沼島(南淡町)ともこの絵島ともいわれているとのことです。 
「兵庫の山々山頂の岩石」より
画像





少しだけ南国の雰囲気があって、走りやすいですね。 これからの道のりが楽しみです!
画像


空もすっかり秋空になりまして、天高く・・・です。
画像


 


おっっと、前方にポリスマン発見! 手招きされて、コースアウトいたします。
「秋の交通安全運動」の啓蒙活動をされていたんですね。 パンフレットとティッシュを頂きました。
そうです、大切なのは安全運転ですからね。
画像






しばらく行くと、白い観音様が見えてきます。淡路島を紹介する他の方の記事で、良く拝見していましたが、本当になんなんでしょうか? 
そして、これからどうするんでしょうかね。 かなり傷んでそうですが、倒れてこないのかな?
画像






こっちの10重の塔のすでに先端は折れているし、落下したらどうなるのよ、です。
画像




海は霞んでますが、風は少しあり爽やかです。
画像





9:20 洲本に着きました。

画像




日差しが出てきて、止まると暑く感じますが、蒸し暑さはなく風はまだまだ爽やかです。
カンカン照り出ないので良かったです。
画像





淡路島一周には、おおよそ5つの峠があります。

その一つ目が、この立川水仙郷です。 結構疲れますが、この二人は余裕の登頂です。


画像




画像
画像
画像


画像
画像
画像




そして、ここも淡一の記事に登場する、”ナゾのパラダイス”立ち寄ってはみませんでしたが、確かに謎ですね。
画像





由良の海岸を気持ちよく走ります。車の通りも少なく、走りやすいです。
画像



Benkeiさんも快調です、でもやっぱり暑くなってきましたね。 自販機を探しながらの海岸沿いです。
画像






やっとありました、自販機で休憩中にこんな客人が現れまして、気分もなごみますね。
画像




二つ目の峠で出会った、素晴らしい旅の途中の大先輩。
大阪から来られたそうで、テント持参の”自転車の旅” 

今日の目的地は?
  
   行けることまでだね。

   少しだけお話出来ました。 お気をつけて!

いいですね・・・自転車旅行・・・行きたくなりました・・・行けるとこまで。
画像





島の峠は、海抜10Mくらいから上って、海抜10Mまで下るのです。
画像





12:00になりました。 これから向かう先は、鳴門岬です。
画像





これが、3つ目の峠です。峠から見えるいい景色です。
画像



そして、下ります、鳴門へ向かって走ります。
それから、4つ目の峠を上りますと、遠くに橋が見えてきます。
画像



もっと上って峠を越えますと鳴門岬が良く見えますね。
画像



道の駅うずしおで、お昼のご褒美を頂きます。
”大名にゅー麺”大皿ですねぇ! 美味しかったですよ。出汁も全部頂いて塩分補給出来ました。
画像




うずしおが見ることができるように、橋に歩道があるんですね。
画像





観光客のお姉さんに写真を撮っていただきまして、後半に入ります。
画像



後半も、いきなりの上りがありまして、これが最後の峠となります。


まだまだ元気なフー助さん
画像



笑顔の絶えない陽さんとBenkeiさん
画像





島の西海岸沿いは、サンセットラインなんですね。 今日は霞んでますので少し残念です。
画像



途中のコンビニでは、大勢の自転車乗りと出会います。 楽しんでますね!



このライドも終盤になってきました、楽しい時間も残りわずかです。
画像




いよいよ、最後です。 Benkeiさんもお疲れさまでした! 153キロの淡路島バンザイです!
画像




最後の坂は、松帆の湯までの上り坂、これがまたきついです。今日の最高の斜度は此処だったんですね。

この後、松帆の湯に入りまして暮れていく明石海峡を露天風呂から眺めながら今日の一日を振り返ります。

迷わず来てよかったです。 そして、又来たいですね。


ご一緒していただきました、皆様のお蔭で楽しい一日を過ごすことができました。どうもありがとうございました。

感謝!


自転車って絶対面白いです。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自転車は面白いですね〜。ど貧脚のワタシには日帰りは難しいので、一泊での一周を狙ってます。
ひみよし
2012/09/26 11:02
ひみよしさんへ
淡路島がこれほど面白いとは思いませんでした。
次回はゆっくりとテント持参で散策したいです。
自転車の面白さは皆さんに教えて貰いました。

kumo
2012/09/27 06:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
淡路島一周 の巻き ゆっくりあそ部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる